言葉の力

走り方やトレーニングの指導をしていて感じることがあります。

 

言葉の力です。

 

はなった言葉のとおりに行動が変化していくのです。

 

 

例えば、腕を高く上げるトレーニングを実施していた際に、上げる腕の高さが十分でない子がいました。

 

この子に対して、

腕が「まだまだ低い、もっと上げてこう」と伝えるか、

「6割まで上がってるよ。もっと上げてこう。」と伝えるかで、

その後の動作に大きな違いがでてきます。

 

後者の方が、動きの改善が多く見られますし、さらに重要な点は、子供たちもイキイキとしてくるのです。

 

 

前者は、「低い」ことを伝えていますが、

後者は、「上がっている」ことを伝えています。

 

100%を基準にすれば、前者のように、「低い」、もしくは、「上がっていない」ということになりますが、0%を基準とした場合は、当然、「上がっている」ことになります。

 

両方とも事実ですが、指導者の認識の違いで言葉が異なり、子供たちに影響を与えていくのです。

 

 

このように指導をとおして、言葉の重要性を強く認識することが多くありますが、北原白秋の「ひとつのことば」の詩には、言葉の力が端的に表現されていますのでご紹介したいと思います。

 

 

『ひとつのことば』  北原白秋

 

 

ひとつのことばでけんかして

 

ひとつのことばでなかなおり

 

ひとつのことばで頭が下がり

 

ひとつのことばで心が痛む

 

ひとつのことばで楽しく笑い

 

ひとつのことばで泣かされる

 

ひとつのことばはそれぞれに

 

ひとつの心を持っている

 

きれいなことばはきれいな心

 

やさしいことばはやさしい心

 

ひとつのことばを大切に

 

ひとつのことばを美しく

 

 

 

 

感染拡大対策についてのご案内.pdf
PDFファイル 58.1 KB
USATF Official Site
USATF Official Site
NSCA JAPAN Official Site
NSCA JAPAN Official Site

・会員の方へ

*振替以外の申請をご希望の方は上記[各種申請]より申請ください。

*振替をご希望の方はこちらです。

振替申請フォーム  

・私たちと働きたい方へ