· 

シンガポール・スポーツ視察レポート①

スポーツ産業の育成を国を挙げて進めているシンガポールを訪れました。

 

現在、世界中から人材とともにソフトやモノを集めており、今回は、スポーツ競技におけるタレント育成システムの視察を主に、スポーツハブ、シンガポールスポーツスクール、南洋理工大学を訪れました。

まずは、最初にスポーツハブと呼ばれる巨大複合スポーツ施設を訪問しました。
こちらは、6万人収容の国立競技場をメインに、水泳競技場、バトミントン・ネットボールなどのコート場、ボート競技場などの施設が一箇所に集められています。

 

この施設内にあります(日本で言うところのJISS:国立スポーツ科学センター)エリート選手のトレーニング、ケア、研究などを行うSingapore Sports Instituteに伺いました。


案内をしてくれましたGobi氏は、アセアン地域のアンチドーピング協会のディレターを務めていらっしゃる方で、ユーモアを織り交ぜながら、シンガポールのエリートスポーツについてご説明いただきました。


色々と内部を見せていただく中で、ヨーロッパ、アメリカ、日本などからの職員の方を多く見かけましたが、世界中の情報を集めて強化を進めている印象がありました。


今後の競技レベルの発展が期待されます。

感染拡大対策についてのご案内.pdf
PDFファイル 58.1 KB
USATF Official Site
USATF Official Site
NSCA JAPAN Official Site
NSCA JAPAN Official Site

・会員の方へ

*振替以外の申請をご希望の方は上記[各種申請]より申請ください。

*振替をご希望の方はこちらです。

振替申請フォーム  

・私たちと働きたい方へ