掴み取ろうとする姿勢の大切さ

右側2人目の選手が高木選手。両側の選手は4年生の選手で、トレーニングにも積極的に取り組んでいらっしゃいます。
右側2人目の選手が高木選手。両側の選手は4年生の選手で、トレーニングにも積極的に取り組んでいらっしゃいます。

 

東海大学を今春卒業し、先日の東日本実業団駅伝で4区、区間2位の快走を見せた高木登志夫選手(DeNA所属)がトレーニングにいらっしゃいました。

 

これからマラソンを目指す高木選手ですが、意識を高く持って競技に取り組まれています。

 

 

トレーニングを指導していても、漠然と受け身でいる選手と、何かを掴もうと積極的に取り組もうとする選手とでは、トレーニング効果に天と地の差が出てきます。

しかし、これまで多くの選手や子供達へ指導をしてきましたが、個人によって意識の差があることが現実でもあります。

 

その部分が十分ではない選手であっても、モチベーションを高め、意識を高く取り組めるように促していくことを、一人ひとりに施していきたいと思いますし、その点でのコーチングの質も高めていかなければならないと感じています。

 

最後に、トレーニングにも積極的な高木選手ですが、元旦のニューイヤー駅伝での活躍がとても楽しみです。

 

 

感染拡大対策についてのご案内.pdf
PDFファイル 58.1 KB
USATF Official Site
USATF Official Site
NSCA JAPAN Official Site
NSCA JAPAN Official Site

・会員の方へ

*振替以外の申請をご希望の方は上記[各種申請]より申請ください。

*振替をご希望の方はこちらです。

振替申請フォーム  

・私たちと働きたい方へ