日本選手権にての東海大選手のご活躍

男子100mに沸いた日本選手権が終了しました。

 

東海大学中長距離ブロックの皆様からも6名の選手が出場され、男子1500mでは、館澤亨次選手が優勝し、日本一の栄冠を勝ち取られました。

 

 

また、決勝では10位に終わったものの木村理来選手は、予選にて今季日本最高を記録し、11年間破られなかった東海大学記録を更新されました。

 

最終日の男子3000m障害では、三上嵩斗選手が自己ベストで5位入賞され、素晴らしい走りを見せてくれました。

 

 

日本最高峰の大会にて力を最大限に発揮されたことが素晴らしいですし、このような選手の皆さんに携われたことをとても光栄に思います。

 

これからも記録を狙う大会が続きますが、全ての選手がベストの状態でレースに臨めるようにトレーニングとともにコンディショニングの面からも更に良いものをご指導できるように邁進していきたいと存じます。

 

【日本選手権 1500m 決勝】

 

【日本選手権 3000m障害 決勝】

感染拡大対策についてのご案内.pdf
PDFファイル 58.1 KB
USATF Official Site
USATF Official Site
NSCA JAPAN Official Site
NSCA JAPAN Official Site

・会員の方へ

*振替以外の申請をご希望の方は上記[各種申請]より申請ください。

*振替をご希望の方はこちらです。

振替申請フォーム  

・私たちと働きたい方へ