· 

秋の運動会シーズン真っ只中です。

秋の運動会シーズン真っ只中です。

「初めて1位になれた!最後の方で1番になれたから、次は、最初から速く走れるようにしたい。」

 

「周りの子は、とても速い子達ばかりだったけど、最後まで諦めずに走れた。」

 

「目標としていたリレーの選手に選ばれ、本番では1位でゴールできたけど、もっと速い子がいるのでもっと頑張りたい!」

 

「スタートが失敗してしまい3位になってしまったから、来年に向けてしっかりスタートの練習をしたい。」

様々なお声を子供達や保護者の皆さまからいただいています。

今回は、運動会を終えて、今回の結果を「次につなげていきたい」というお声をいくつかいただいています。
結果如何に関わらず、大切なことは次に繋げようとしていく子供達の心の動き「=向上心」です。

 

運動会前の準備の徹底はもちろんですが、今回の運動会が子供達の「向上心」に繋がっていくよう、私たちコーチ陣も子供達に言葉を伝えていきたいと思います。

 

ーーー

 

※ 写真のK君は、4年生時に入会され、当初は脚の速さもスクールでは真ん中くらいで、当初は人前に積極的に出るようなことはなく、黙々と真面目に練習に取り組んでいらっしゃたそうです。

 

その真面目な取り組みの結果、着実に力をつけスクールでは一番の走力を持つようになり、担当コーチも、K君の練習に取り組む姿勢を他の子供達の前で話をしたりするなど、ロールモデル(お手本となる人)として他の子供達が見習うような存在となったそうです。

 

昨年の運動会では自ら応援副団長に立候補(これはお母様も驚かれたそうです。)し、今年は応援団長となり、団長としてリレーの選手として、大活躍されました。
また、その活躍の中でも、K君は下の学年の子供達への声がけやサポートを積極的にしていたそうです。

 

その中でも印象的だったのが、表彰式にて優勝カップを受け取る際に、その役を隣にいた副団長の子の背中をそっと押し、譲ってあげていたとのことでした。
一緒に頑張った副団長の子をねぎらおうとするK君の咄嗟の優しさのように思いますし、このようなことができるK君の「思いやり」に担当コーチは、とても感動したと話していました。

 

感染拡大対策についてのご案内.pdf
PDFファイル 58.1 KB
USATF Official Site
USATF Official Site
NSCA JAPAN Official Site
NSCA JAPAN Official Site

・会員の方へ

*振替以外の申請をご希望の方は上記[各種申請]より申請ください。

*振替をご希望の方はこちらです。

振替申請フォーム  

・私たちと働きたい方へ