阪口選手が日本選手権にて優勝しました!

6月27日〜6月30日の4日間にかけて行われた「第103回日本陸上競技選手権大会」に、ヘッドコーチの林が東海大学長距離ブロックのS&Cコーチとして帯同しました。

 

サニブラウン選手の活躍が光った大会でしたが、東海大学の選手の皆さんも活躍を見せてくれました。

 

特に阪口選手は、予選、決勝と自己ベストを更新し、決勝では終始果敢な走りを見せ、見事、初優勝を飾りました!
記録は、8分29秒85と素晴らしいタイムで、ドーハ世界陸上の参加標準記録の8分29秒に、あと0.85秒となります。

 

まだ、ユニバーシアードやホクレンディスタンス、日本インカレとトラックのシーズンは続きますが、それぞれの選手達がより高いパフォーマンスが出せるようにサポートしていきたいと思います。

 

<主な決勝の結果>

1500m決勝
・9位 館澤亨次選手
・12位 飯澤千翔選手

 

3000mSC決勝
・優勝 阪口竜平選手

 

5000m決勝
・9位 鬼塚翔太選手

 

 

 

感染拡大対策についてのご案内.pdf
PDFファイル 58.1 KB
USATF Official Site
USATF Official Site
NSCA JAPAN Official Site
NSCA JAPAN Official Site

・会員の方へ

*振替以外の申請をご希望の方は上記[各種申請]より申請ください。

*振替をご希望の方はこちらです。

振替申請フォーム  

・私たちと働きたい方へ